薄毛の原因 薄毛治療についてご紹介

ストレスによる原因

薄毛の原因の最初に挙げられるのがストレスです。
ストレスは、髪だけでなく、体のあちらこちらに悪影響を与えます。
そんな中でも髪はストレスとの関係が強いと言われています。
ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れます。
自律神経は、体の機能を正常に働かせるものですから、このバランスが崩れると体に何らかの支障が起きます。

そのため、それをどうにか解消しようと交感神経が活発に活動します。
実は、この交感神経は血圧を上昇させる働きがあるのです。
その方法は、血管を収縮さするというものなので、ストレスが起きると血行不良になってしまいます。
これによって体のあちらこちらで、体調不良を起こしてしまうのです。

では、なぜ髪なのでしょうか。
髪は、皮膚と同様に一番外側にある体の一部です。
血行不良を改善するための栄養は、まずは体内から使われてしまうので、一番外側の髪は、一番後になってしまう傾向にあります。
そのため、ストレスを抱えていると薄毛になってしまうといわれているのです。
健康状態が悪いと、AGAが治りにくい言われているのもこれを考えると納得できます。

生活習慣による原因

日常生活において、様々な負担が肉体的にも精神的にもかかります。
そして、これもまた、薄毛の原因といわれています。
普段から夜更かしをすることが多かったり、昼夜逆転の生活が定常化されていると、髪の成長や発毛に大きな影響を及ぼすからです。
また、仕事においてのストレスによって飲酒が増えたり、同じ作業の繰り返しで目や肩がこったりというようなことも少しずつ負担となってきます。

最近、抜け毛が多いような気がしてきたら、なにかしらの問題が発生していると思ったほうが良いですね。
例えば、その結果。円形脱毛症などが発症するケースもすくなくありません。
円形脱毛症は自己免疫疾患のひとつですから、薄毛の改善は、免疫力アップのために生活習慣を改善するしかありません。
また、食生活の乱れも髪には大きな負担になります。
このことが原因で、薄毛になることもあるからです。
その場合は、髪に栄養が行き渡らないというのがその原因であり、kれは、皮脂の分泌の影響が大きいです。

皮脂の分泌が多いと、髪が成長できなくなるのです。
昔は、野菜や魚が主食だった私たちは、欧米文化の到来に伴い、次第に肉類を中心とした食事にかわってきました。
肉類の食べすぎにより脂肪が蓄えられ、その体外への排出を汗が担います。
頭皮は、汗を分泌する汗腺が多い所の一つと言われていますので、結果皮脂が多く分泌され、
その皮脂が毛穴を詰まらせてしまうのです。
毛穴がつまれば、髪が抜けやすくなります。